​Kumiko (石井久美子)

15歳でアメリカに留学。

大学時代に所属していたクワイアの日本ツアーで凱旋帰国するなどシンガーとして経験を積む。ダンサーで振り付け師のRegina Williamsに師事。HIP HOPダンサーとしても活躍。

ロスアンジェルスにてフィットネス・インストラクター資格取得。

米国におけるブラック・カルチャーに造詣が深い。


帰国後、HIP HOP、フィットネス・インストラクターとして指導する傍ら、LAにおけるエンターテイメントシーンを牽引していたRegina Studioとの提携によるロス・アンジェルス・ダンスツアーを企画するなど、精力的に活動するも、あくまでも一時帰国中のつもりが、マレと出会い結婚(OvO)

1995年、婦二人三脚での本格的活動を開始。キックバックカフェの味や空間プロデュースを手掛けると同時に、マレと共にHEAVENESEをプロデュース。

同時に振り付けも担当。

 

2005年、ハリウッド在住のカオリ・ナラ・ターナー女史がプロデュースする『Living History of Kimono』に出演するなど多方面で活躍。