横浜

横浜は、民家が101軒しかない寒村だった。浜が入海に対して横に伸びているところを、横浜村といった。

幕府は、アメリカとの条約で定められた「神奈川」を変更して、横浜に外国人を吸収すべく開港地と定めた。入海を埋め立て、異国人が魅力を感じる町を短期間で作り上げた。それが横浜である。

​s関内も含めた、今の「横浜」は、そっくりもともとは海だった。

嘉永四年の横浜図  鈴木重治翁回想図

ペリー応接地、佐久間象山陣屋などの標も追記されている。

幕末の頃の横浜の地図。もともとの横浜村の地形がわかりにくくなるほど、入海が埋め立てられているのがわかる。