HIDETOMO

和風ダンス演出家 振付師

Yosakoi振付師

新井風味プロデューサー

Araifumi Entertainment代表

1970年生まれ 出身地東京

1985年(15歳)からダンスを始め、ダンス&ボーカルグループでCDデビューといった自らのアーティスト活動のほか、結成したダンスチームの振付担当になり、コンテストで多数優勝を獲得。

その後、さらなるダンス発展を目指し、1998年「演出家・振付師」に転向。

特に和を取り入れたダンスが得意であったことから、本格的に和の演出・振付を始め、

1999年に和風ダンスカンパニー「新井風味※1」公演をスタート。

扇子・傘等の小物を使った振付が特徴で、壮大な群舞と映像を調和したステージに定評がある。

2005年から、「もっとカッコイイよさこいを踊りたい」と声を多く受け、Yosakoi振付依頼を始める。

これまで多くのYosakoiチームが賞を受賞、手掛けたチームは200を超える。

2011年にLegend Tokyo(振付コンテスト)に「新井風味※1」で参加し審査員賞を受賞。

2012年には東方神起のツアーにて番傘と映像を調和した見せ場を担当する。

2014年日本橋公会堂にて「女信長・濃姫」を演出振付。

2015年から映像制作をスタートし、2019年制作の「和 TOKYO」を監督・振付。

2019年4月は、NHK「うたコン」にて石川さゆりさんと新井風味が共演し振付。

現在、和と洋の振付スキルを兼ね備えたクリエイターとして、幅広い和の演出・振付を手掛けている。さらには、「ダンスで感動」をモットーに、様々なダンスに対応したダンスクリエイティブ「Araifumi Entertainment」を立ち上げ(2013年)「アーティスト・アイドル・舞台・コンテスト・ウェデイングダンス等」のプロデュース・ダンサー派遣も行っている。

※1.新井風味:和風ダンスカンパニー