小林貴央 Takahisa Kobayashi

統括ディレクター

学生時代より友人と共に起業し、その後一時フリーランスのコンサルタントを経て現職、

株式会社4121代表取締役。HEAVENESE CPMPANY統括ディレクター。

 

前職時代の企画・制作案件として、

飲料メーカーの季節キャンペーン、通信会社のCM企画、キャンペーンサイト、

世界的映画の日本プレミアプロモーションイベント企画・制作

自動車会社PRイベント、運営

竹内まりあCDプロモーション、山下達郎「SONORITE」プロモーション

等々、SP,PRの側から様々な制作、形でエンターテイメントを届ける側を経験する。

舞台では現職における多数の自社主催公演の他に、

今井雅之主演「THE WINDS OF GOD」「手をつないで帰ろうよ(ラインプロディーサー)」

のようなストレート作品から

「舞台:乱歩奇譚」のような2.5次元モノまで幅広く関わり、

ライブコンサートの制作・運営も行う。

 

所属アーティスト「SHUN」(タップダンサー)が平成30年度文化庁芸術祭賞新人賞を受賞。

そのSHUNが代表と務める日本最大級のパフォーマンスグループ

「TAP JAM CREW」も所属しており、運営を行っている

【メッセージ】

今まで舞台やコンサート、イベント運営等様々なエンターテイメントの現場、制作に携わって参りましたが、

アーティストや演者が、政治や国に対しての思いを発信出来ない場面に接して来ました。

ともすれば「愛国」が「放送禁止用語」と同列になりかねない状況。自分の生まれ育った国が、どんな歴史を持つのか?すら考えない方が楽に生きて行ける現状があります。

 

この日本において、この一座が受け入れられるという事は、

その見えない壁を突破する事になり得る。

 

この一念で、制作統括を引き受ける事となり、今に至ります。

 

一見難しい話や、ともすれば目を背けてしまう歴史も

HEAVENESEによるエデュテイメントがBRIDGE(架け橋)となり、一人でも多くの方が「考えてみるきっかけ」になる事を信じて。

 

皆様のご来場をお待ちしております。