IDY(市川陽児)

 

16歳の時、音楽の専門学校に教えに来ていたMarreと出会って人生の進路が決まる。

当初はビジアル系ロックバンドのギターをやっていたが、一転してHEAVENESEのベーシストとしてステージに立つようになる。

リハーサルでは録音を担当するなど、ステージ以外の裏方としても一座を支える。

 

見かけによらず恥ずかしがり屋で、人前で演じたり歌ったりすのは大の苦手。

ところが、ついに2019年4月公演では、江戸の売り子「可愛がって」で一瞬芸デビュー。

​爆笑を呼び起こす。