2018.8.15 Wed. マイナビBLITZ赤坂

終戦記念日スペシャル公演

終戦の日、国民が涙の中できいた「玉音放送」

世界の戦争史で最も奇跡的な戦争集結の方法だったと言われている「終わり方」の真実にフォーカスした演目。

思いテーマを楽しくカジュアルに、でもシリアスにお届けするため、演出のカオリ・ナラ・ターナーさんの指導により作り上げた作品です。戦争中、禁止されていたはずのジャズなど洋楽がどのように演奏され続けたのか、また敵性語として禁止されていた外来語実態、はたまた米兵を虜にした魅惑のDJ東京ローズなどなど、戦時下の文化力を紹介すると同時に、戦争を終わらせるために命を捧げた陸軍大将阿南惟幾の魂を紹介しました。

 

終戦後の祭りをテーマにHEAVENESEメンバー初の阿波踊りに挑戦。新座阿波踊り振興協会の皆様にご指導いただきました。

スペシャルゲストは、
炎の格闘道家菊野克紀選手と、孤高の
阿波踊りダンサー・フェイキーをお迎えしました。

阿波踊りだけでなく「ひょっとこ」と「おかめ」にも初挑戦。
演出のカオリ・ナラ・ターナーさんのアイデアによる演目を、大衆演劇の貴公子松井誠さんにご指導いただきました。