2018.5.22 Tues. マイナビBLITZ赤坂

信長を知ればヒップホップがわかる‼︎

キング牧師暗殺から50年。

記念日の4月4日にはアメリカ各地で追悼イベントが開催された。今も根深くアメリカに巣食う黒人差別。
白人警察官による黒人射殺事件は後を絶たない。
アメリカの黒人世帯の純資産は、驚くべきことに白人世帯の30,000分の1だという(News Week2017年12月12日)

かつて強制的にアフリカから連れてこられた奴隷たち。
しかし世界を席巻するのは、そんな彼らが生み出した音楽。ブラックカルチャーだ!
マイケルジャクソン、ビヨンセ、ジェイ・Z, ドレイク・・・

白人支配の世界でサブカルチャーだったブラックミュージックは、今や世界のトレンドであり、大衆文化としてハイカルチャーの座についている。

彼らの魂がなければ、日本のみならず世界の音楽業界は存在していないと言っても過言ではない!

ところが、そんなブラックカルチャーは日本なくして存在しなかったと言ったらどうだろう?
そんなばかな?と思うかもしれない。しかしこれは、紛れもなく歴史的な事実なのだ。

今、明かされる『語られてこなかった真実』。
マイケル・ジャクソンが敬愛した、ブラックカルチャーのドンにしてゴスペル界のレジェンド『アンドレー・クラウチ』が
プロデュースした唯一の日本人音楽一座HEAVENESE(ヘヴニーズ)が、その謎に迫った!!